お客さんの元へ出向くケータリングカーレンタル

ケータリングカーを使う場合

この度は「お客さんの元へ出向くケータリングカーレンタル」へアクセスしていただき誠にありがとうございます。
ここでは最新のケータリングカーに関する情報をご案内しています。

 

移動販売でケータリングカーを使うときには、自動車はもちろん大幅改造が必要となります。
届出先は保健所です。

 

このケータリングカーでは、ラーメンやクレープなど、その自動車で調理をする事がある場合です。この場合の管轄は、自動車の保管場所と営業地が違う場合、届出先が変わる事もありますから、確認を必ずしてください。

 

その管轄で定められた条例の施設基準を満たす必要があり、食品衛生責任者は絶対必要です。なお、他の営業の施設との兼任は不可能デス。

 

最初から調理用としての自動車も存在をしますが、それにしても特注品という事となります。

 

車を見たのみで、何を売っているとわかるのは、断然客の目を引きます。
ケータリングカーは、それのみでも宣伝効果があります。
ちなみに、客がそばまで来て、商品を手渡すのですから、清潔感やキレイ、面白いという感じを与えるのも売上につながると思って下さい。

 

実際に自分が欲しい形と現実のものとのギャップもあると思いますが、もし初心者ならば、アドバイスを聞いて、改造の内容も考えいくほうが良いでしょう。
現在は、ケータリングカーの販売や改造を専門的に行なってる業者も多いですから、相談をぜひしてみて下さい。

 

それなりの経験がある方の話は手本にすると良いでしょう。

 

移動販売の中で、ケータリングカーを使う時は、許可を必ずとらなければいけません。

 

まず最初に的確な情報収集をすることが大切で、意外と知っているようで知らないのがケータリングカー 出店なのです
ケータリングカーの情報をインターネットや雑誌などを参考にして集めましょう。

 

移動販売車 レンタルについてある程度の知識を貴方はお持ちですか?
キッチンカーの情報サイトやクチコサイトをチェックして納得のキッチンカー情報を探しましょう。

 

大袈裟にこれは決して言っているワケではありませんが、ケータリングカー レンタルに関することは現在では簡単に調べることが出来ます。
ケータリングカーに関する専門サイトなどをもしケータリングカーの情報を集めたいのでしたら、参考にされることをオススメします。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ