お客さんの元へ出向くケータリングカーレンタル

ケータリングカーは、よくアミューズメントスポット等で見かける、タピオカ店やクレープ店などデスネ。
基本的に生ものは扱えず、営業車内での調理は、小分け、盛り付け、加熱処理など、簡単な調理する方法しか認められません。

 

一方で、食品移動自動車は、基本的に「移動するスーパー、小売店、お肉屋さん、パン屋さん」というイメージでしょうか。
食品移動自動車の場合、営業車内での調理加工は出来ません、あらかじめ食品は包装をされたものに限定をされます(魚介類販売業の場合、丸ものは除かれますが、基本的にやっぱり包装をされたものしか販売をしてはいけません)

 

分類としては、「食品営業自動車(飲食店営業、喫茶店営業、菓子製造業)」「食品移動自動車(食料品等販売、乳類販売業、食肉販売業、魚介類販売業)」という二種類があります。

 

個人的には、移動式のパン屋さんを良く見かけるイメージデス。
飲食店を始めようと考えている方は、リスク・コストの高い店舗型経営ではなく、「ケータリングカー」という形態で始めようと考えていらっしゃる方、興味を持って足をお運びになる方、多いのではないでしょうか。けれど、ケータリングカーでは、「どんなものでも扱える」ということではありません。

 

ケータリングカーの場合、店舗型経営と比べて、調理という点でたいへん限られ、扱える商品もかぎられます。けれど、「ローリスク」「場所に左右されない、いろんな場所で販売できる」といった、移動販売車の長所もたくさん存在しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ