お客さんの元へ出向くケータリングカーレンタル

店舗の場合、提供サービスとその開業場所を見極めなければいけません。

 

ケータリングカーの場合の優れた点は、自由に移動をしニーズに応じて商売をできる事並びに店舗に初期投資が比べて断然低いことが挙げられます。
それに、お店の形態によってもかわりますが、排気ダクトとか天井、壁、床といった工事が必要になるケースがありそれらが必要な場合は非常に高額の初期投資を要します。
いっぽうで、ケータリングカーのデメリットは成功をしたお店より大多数の利益を獲得する事は一般的に難しいです。
ソコソコ稼ぐことはできますが、でっかく稼ぐことはできないのです。
提供をする飲食物の種類によっても違いますが、ケータリングカーを利用する手段もあります。
飲食店を開業するにあたって、何もお店にこだわる必要はありません。
成功した飲食店を見るとどれもお店形態のものだと思います。コレは、場所が固定をされない事から固定客を付ける事が難しい事、またテイクアウトするものに限られるので単価が低く、獲得できる利益も少ないためです。
そのため、副業として移動販売を行う事はよいと思いますが、それを本業とする時は移動販売を置く場所をちゃんと見極めないといけません。
お店の場合、敷金だけではなく仲介手数料や解約手数料、そしてそれなりに高額な賃料が発生をします。


ホーム RSS購読 サイトマップ