お客さんの元へ出向くケータリングカーレンタル

多数のケータリングカーが集まっているという事は、お客様の集客にはメリットがありますが、各車間の競争が厳しくなるというデメリットもありますヨね。
また、ケータリングカーという移動の自由度がある販売の方法だからといって、どこで売るのかということを開業前に決めてないというのも危険デスネ。
すでに販売されている料理とかケータリングカーの特徴を分析して、どういった料理・販売スタイルだとすれば、自分の売上を増やしやすくなるのかを様々な視点からの検討が大事です。
貴方は、どのような料理を、どのような形で、どういった人達に、どのタイミングで販売をしたいとおもいますか?
自分のみでは考えつかない、新しいビジネスアイデアのヒントを得る良い機会になるかもしれませんよ。

 

もし、自分だけで分析・検討する事がむずかしいという事であれば、ケータリングカー業界のマーケティングのコンサルにチョット相談をしてみるというのも一つの方法かもしれませんね。
この十分な検討なしに、大半の費用がかかるケータリングカーの改造を行なうのは危険です。
すでに屋台村みたいに、おおくのケータリングカーがランチタイムやデイナータイムに集まってる所で販売することが出来るかを確認をする必要があるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ