シーンを選ばない

胡蝶蘭の魅力はそれだけではありません。胡蝶蘭がお祝いの花として選ばれる理由として、シーンを選ばない点も挙げられます。たとえば飲食店を開業した親しい相手にお祝いの花を選ぶとき、どういった点に着目して花を選ぶべきだと思うでしょうか。見た目の華やかさや花言葉も当然重要となりますが、その花が発する香りにも注目するべきだと言えます。

食材を提供するサービス業である以上、お客さんの食事の妨げになってしまったり、提供する商品の品質を損なったりするような刺激的な香りを発する花を贈ってしまっては、送られた相手もありがた迷惑に感じてしまうのではないでしょうか。飲食店ではなくとも、程よい香りであれば仕事や日常生活の妨げになることはありません。その点胡蝶蘭は香りが少なく、どういったお祝いの場にも適した花だと言えるでしょう。

更に、胡蝶蘭には花粉が少ないという特徴も挙げられます。飲食店も当然ですが、医師が病院を開業した際に花粉の多い花を贈ってしまうと、来院される方の迷惑に繋がってしまいますので、好まれないことが考えられるでしょう。在籍人数が多い企業でも多くの方が春には花粉症に悩まされて各々対策を講じていると思います。花粉が少ない胡蝶蘭はどういったシーンにも拒まれる要素がない、理想的なお祝いの花だと言えるのではないでしょうか。